車のマスターキーを紛失したときの対処について!合鍵は作っておこう

車のマスターキーを紛失したときの対処について!合鍵は作っておこう

 

今お使いになっている車のマスターキー、急になくしてしまったら、どこに鍵作成の依頼をすればいいのか疑問に思いますよね。

また、新しく鍵を作るといっても、手元にない場合はどのようにして作られるのでしょうか。依頼の際に伝えるべき情報は、鍵の種類によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

この記事では、車のマスターキーとサブキーの違いや、なくしてしまったときの対処方法をご紹介します。その他、マスターキーの作成にかかる時間や費用など合わせてお伝えしますので、依頼をするときの参考にしてみてください。

今後は鍵をなくしてもいいように、車を動かせるように、もう1つスペアキーを作成しておきましょう。

 

 

車のマスターキーとは?サブキーとは違う?

車の鍵を開けるとき、多くの方が「マスターキー」と呼ばれる鍵を使用しているかと思います。じつはマスターキー以外にも車の鍵を開けれるものが存在することをご存じですか?いつも当たり前のようにマスターキーを使用していると気づきにくいかと思いますが、「サブキー」と呼ばれる、同じく車の鍵を開けることができる機能をもった鍵があるのです。

では、マスターキーとサブキーの違いはあるのでしょうか?実はサブキーには使える機能が制限されており、人に預けたことで複製されてしまわないようにする効果があります。具体的に、どのような機能が使えなくなるかいくつかご説明いたします。

まず、トランクボタンがサブキーにない場合があります。これは、人に預けた際に、トランクの中の荷物を盗まれてしまわないようにするために省かれているのです。また、スマート機能がマスターキーに付いている車種では、サブキーにはスマート機能がないことがあります。スマート機能は、ポケットの中に入れていても、ボタン一つでエンジンをかけることができる機能であり、サブキーでエンジンをかけるには、直接挿し込む必要があります。

マスターキーとサブキーの他の違いとしては、「見た目の色が違う」「トランクボタンの有無」などが挙げられます。違いが分からない場合は、鍵をイグニッションに挿してみましょう。挿した際に、セキュリティーランプがすぐに消えるのがマスターキー、時間が経ってから消えるのがサブキーです。

メーカーによって、サブキーで制限されている機能は異なります。今使用しているサブキーが、マスターキーとどの部分に違いがあるのか詳しく知りたい方は、一度説明書を見て確認しましょう。

 

車のマスターキーを失くしたらどうしたらよい?

車のマスターキーを失くしたらどうしたらよい?

 

車のマスターキーをなくしてしまったらどうしたらいいのでしょうか。なくした直後に車を使わなければいけない場面があるのでしたら、サブキーでもよいでしょう。しかし、サブキーは機能が制限されておりますので、ずっとマスターキーの代わりとして使うわけにもいかないですよね。マスターキーが手元にないといずれ不便になってしまいます。

まずマスターキーをなくしてしまったら、思い当たる場所をくまなく探しましょう。普段家の車の鍵はどのように保管していますか?決められた場所にいつも置いているのでしたら、その周りを探してみましょう。また、車から降りて家に入るまでの過程で、カバンから落としてしまったり、ポケットの中に入れっぱなしにしたり、いつもの行動の中で考えられる原因があるのでしたら、徹底的に探してみましょう。

家の中や、家の周りでなくしたなら見つかる可能性もあるかもしれませんが、出かけ先で落としたりしてしまうと大変です。車の鍵を落とすと見つかりづらい上に、探す範囲が広すぎて、見つけるのに何日もかかってしまうこともありえます。

どうしても見つからない、早めにマスターキーが欲しいといった場合は、ディーラーや鍵屋へ相談してみてください。探す時間より、作ってもらう時間の方がはるかに速い場合もあります。

 

マスターキーを作成するときに必要なキーナンバーとは?

なくしたマスターキーをディーラーに依頼をして新しく作ってもらうのでしたら、まずはイモビライザーの有無を確認しましょう。ついていない場合は、“キーナンバー”さえあれば新しく作ってもらうことができます。

キーナンバーとは、鍵ごとに割り振られた番号のことをいい、その番号を頼りに、新しい鍵を作成することができます。どこにキーナンバーが書いてあるかといいますと、鍵とセットでついている金属のプレートや、ドアの内張りを剥がしたことで現れる、キーシリンダーなどです。

では、イモビライザーがついている車の鍵はどうでしょうか。イモビライザー付きの鍵は、キーナンバーではなく、車のイモビライザー登録コードを見てもらう必要があり、時間や費用がかかってしまいます。

キーナンバーがあれば、イモビライザー付きの鍵も作れるのではないか?と思うかもしれません。しかし、キーナンバーは、ドアの鍵穴と連動している鍵の番号になりますので、イモビライザー特有のエンジン始動などの機能とはまた別の問題になっていきます。イモビライザーがついているかどうかで、合鍵作成にかかる費用もかなり変わっていきますので、依頼をする際は必ず確認し、よく検討してください。

 

イモビライザーはある?

イモビライザーはある?

 

イモビライザーは、そもそも鍵を新しく作ったり、複製をさせたりしないようにするために作られたものです。防犯性が高い一方、作るのが困難になっており、鍵屋に依頼をすると対応していないといわれる場合があります。鍵屋に依頼をする場合は、あらかじめ対応しているかどうか確認しておきましょう。

「鍵を新しく作ってもらいたいけど、今使用しているマスターキーにイモビライザーがついているかどうか分からない!」そんな人のために、イモビライザーがついているかどうかの確認方法をお教えします。

イモビライザーがついている場合は、メーター近くに「インジケーターランプ」というものが取り付けてありことが多いです。キーを抜いたときに、その部分が点滅または点灯して場合はイモビライザー装着車である可能性が高いです。

中には、盗難防止装置として同様に点滅していたり、インジケーターランプがなかったりします。よく分からないと不安に思われる場合は、自動車販売店で聞いてみましょう。

 

車のキーを作成するのにかかる費用と時間

車のマスターキーを作成するには、イモビライザーついているかどうかで時間や費用も変わっていきます。イモビライザー付きの鍵の場合、ディーラーに依頼をすると確実に作ってもらうことができますが、3日ほどかかる場合があります。

また、イモビライザーのユニットを交換するとなると、費用が高くなり10万円以上かかってしまうことがあるようです。加えて、自動車をディーラーまで運ぶレッカー代もプラスでかかりますので、想像以上に高くなってしまうことがあります。

イモビライザー付きのマスターキーを鍵屋で依頼をした場合は、純正のものではありませんが、ディーラーに比べると時間や費用を抑えることができます。電話をして依頼をすれば、駆けつけてくれますので、何日もかかることはないでしょう。しかし、鍵屋によってはイモビライザーに対応していないところもありますので、問い合わせの際に確認を忘れないようにしてください。

イモビライザーがついていない場合は、ディーラーと鍵屋のどちらもイモビライザー付きの鍵に比べて比較的安い値段で作ってもらうことができます。しかし、ディーラーに依頼をすると、時間がかかる場合がありますので、すぐに手元に欲しいといった場合は、鍵屋に依頼をするとよいかもしれません。

 

車のスペアキーは作成しておこう

マスターキーが1つしかない状態でなくしてしまった場合、新しく作ろうと思ったら時間がかかる場合もあります。今すぐ使いたいのに!と焦ってしまう前に、あらかじめ合鍵を作製しておきましょう。

何度も家の中でなくしたりする場合は、スペアキーを車の中に保管しておくことをオススメします。家の中で決められている場所があるといっても、しばらくスペアキーを使ってないと、移動されてしまったり、どこにあるか分からなくなってしまったりしますよね。家族の誰かと車の鍵を共有しているのなら尚更なくすリスクも高まるでしょう。

車の中にスペアキーを置くと、そのようななくす心配や、移動される心配もいりません。外出先で鍵をなくしてしまった場合も、車の中にスペアキーがありますので、ロードサービスなどで開けてくれさえすれば、鍵を手に入れることができます。

また、家族で外出したときに分かれて行動する場合、2つ鍵があると、1つずつ持ち運ぶことができるので便利ですよね。もともとスペアキーがあったとしても、家で保管をしていると、このようなときに「もってこれば良かった!」と後悔をしてしまうかもしれませんので、あらかじめ車の中で保管をするとよいでしょう。

しかし、合鍵はたくさんあれば安心というわけではありません。数があれば、その分盗難や紛失のリスクも大きくなります。また、キーナンバーが見えないように工夫をしましょう。キーナンバーにより、同じ鍵を作られてしまうことがあるからです。

もし合鍵を作ったら、当たり前のことですが、信頼できる人のみ渡しましょう。いっぱいあるからいろんな人に渡そうとしてしまわないよう、2本くらいに留めて大事に保管をしてください。

 

まとめ

車のマスターキーをなくした場合は、まず考えられる場所をくまなく探しましょう。もし見つからなければ、鍵屋やディーラーに依頼をしましょう。

マスターキーがなくても、サブキーがあるからと、安心してはいけません。サブキーは決してマスターキーと同じというわけでなく、機能に制限がかかっています。いずれマスターキーは手元に置いておかなければいけませんので、新しく鍵の作成を依頼しましょう。

使用している鍵によっては、キーナンバーで作成してもらえることができます。番号が書いてある場所を確認し、依頼の際に伝えましょう。

また、マスターキーにイモビライザーがついているかどうかで費用やかかる時間は異なります。あらかじめ、自分の車にイモビライザーがついているかどうかを確かめ、ディーラーか鍵屋に依頼をしましょう。

マスターキーの鍵を依頼すると、時間がかかる場合があります。なくしてからすぐに使いたいときは困ってしまいますので、最初からスペアキーを作っておくとよいでしょう。スペアキーの保管場所は、車の中をオススメします。車の中で保管をすれば、なくす心配がない上に、いざというときに役に立つことがあります。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...

早朝・深夜・旅行先でもどこでもいつでも駆けつけます!

お電話1本でスピード解決!24時間365⽇、日本全国受付中!

現在
最短5分で駆けつけます

通話無料 0800-805-8041

無料相談

  • 最短5分で解錠!調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!
  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!車の鍵お助け隊とは