スマートキーのスペアはどうやって作る?複製の依頼先と費用

スマートキーのスペアはどうやって作る?複製の依頼先と費用

 

多くの車に実装されているスマートキーは、とても便利な鍵です。車のロックもワンタッチで解錠することができ、鍵をシリンダーに差すことなくエンジンがかけられるため、運転手は鍵を出す手間がありません。

しかし、通常の鍵とは違うスマートキーはスペアを作成することができるか不安になりますよね。安心してください!スマートキーのスペアは作ることができます。今回のコラムでは、スマートキーのスペアを作成するにあたっての料金や方法を紹介していきます。

 

 

そもそもスマートキーってどんな鍵?

スマートキーはキーレスとも違い、車に鍵を差すことなく解錠できるとても便利な鍵のことです。解錠の仕方は、ドアノブについているボタンを押したり、ドアノブに手を近づけたりするだけです。

スマートキーを使った車の施錠方法は2種類。ボタンを押してロックをかけるタイプと、鍵が一定距離以上離れると自動でロックがかかるタイプとあります。

キーレスとの違いはエンジンのかけ方にもあります。エンジンをかけ方は車によりますが、鍵を差す部分についているつまみを回すか、プッシュボタンを押すことでエンジンをかけることができます。

スマートキーと表記していますが、読者のなかには「呼び方が違う!」と思われている方もいるでしょう。スマートキーの名称はメーカーによって違います。

 

・スマートキー

・インテリジェントキー

・電子カードキー

・アクセスキー

・キーレスオペレーションキー

・アドバンスキー

・携帯リモコン

 

上記のように、鍵の名称はさまざまです。この記事では、まとめてスマートキーと書かせていただきます。スマートキーは、電子情報によって車と結ばれています。そのため、同じ車種のスマートキーであなたの車が解錠する心配はありません。

スマートキーを紛失してしまったときのために、スペアキーを作っておきたいところでしょう。スマートキーのスペアを作る場合は、どこに依頼するべきなのでしょうか。

 

スマートキーのスペア作成はどこに相談すべき?

スマートキーのスペア作成はどこに相談すべき?

 

スマートキーのスペアキー作成は、基本的にディーラーか鍵屋にておこないます。スマートキーのスペアを作成する場合の、ディーラーと鍵屋での違いを紹介します。

 

IDごと変えて安心!車を購入した【ディーラー】

車を購入したディーラーであれば、確実にスペアキーの作成ができます。車とスマートキーはID(電子情報)で結ばれているため、スマートキーを紛失してしまった場合は、IDごと変更してしまえば悪用されることはありません。

スマートキーの作成には、最短で3日。長いと1週間以上かかる場合があります。スマートキーのスペアを作る際は、余裕をもって注文するとよいでしょう。

 

すぐに鍵が欲しい!急ぎなら【鍵屋】

外出先でスマートキーを紛失してしまい、スペアキーも手元にないと、すぐにでも鍵が欲しいですよね。急ぎで鍵を作りたい場合は、鍵屋に依頼しましょう。鍵屋に依頼をすれば車を運ぶ必要がなく、業者が現地まで駆け付けてくれます。

スペアキーをその場で作成してくれる業者もあるので、急ぎで鍵を作りたい場合は業者を頼りましょう。料金が不安な場合は見積りがとれるので、まずは問い合わせしてから始めてみてください。

 

スマートキーのスペアにかかる費用

物理的に解錠するタイプの鍵の複製は安くて500円くらい、高くて1,000円ぐらいと比較的安価ですが、スマートキーのスペアを作る場合はいくらぐらいかかるのでしょうか。

 

メーカーによって費用が異なります

スマートキーは物理的解錠ができる鍵と違い、IDの登録が必要な特殊な鍵です。スマートキーを複製する場合は、安くて1万円ほどで作成できます。しかし、同じメーカーの車でも、車種によっては5万円近くかかってしまいます。

海外製の車の場合はさらに高くなり、10万円近くになることも少なくありません。ディーラーでスマートキーのスペアを作る際は、料金の目安や作成までにかかる期間を聞いておくのがおすすめです。

 

業者ごとの費用の違いも要チェック!

鍵屋にスマートキーのスペア作成を依頼する場合は、電話口でスマートキーの作成をしてもらえるか聞いてみるとよいでしょう。スマートキーの作成をおこなっていない業者もあるので、まずは問い合わせで扱いの有無を確認してみるようにしてみてください。

業者によってはスマートキーの作成料金が違うため、すぐに依頼するのではなく、複数の業者から見積りをとることをおすすめします。見積りをとることで料金の相場を知ることができ、わからないことがあればすぐに聞くこともできます。

よりよい業者選びをしたい人は、見積りをしてもらっている間に、しっかりと丁寧な受け答えをしてくれる業者を選ぶようにするのがよいでしょう。

 

いつでも安心!こんな場合に備えてスペアキーを作っておこう

いつでも安心!こんな場合に備えてスペアキーを作っておこう

 

自宅の中で鍵をどこに置いてしまったかわからなくなったり、外出先で鍵を紛失してしまったりしたときに備えて、あらかじめスペアキーを作成しておきましょう。

 

鍵紛失してしまったとき

自宅の中でスマートキーを紛失してしまった場合、スペアキーがあるととても便利です。急いで外出しなければいけないときでも、スマートキーのスペアがあれば、すぐに外出できます。

自宅内で無くした場合は、自宅にあるという安心感もあり、帰宅してから探すことができるという余裕ができます。外出先で紛失してしまっても、家族にスペアキーを持たせておくことで、万が一の事態にも備えられます。

外出先でスマートキーを紛失した場合は、警察に紛失届の提出と、紛失した鍵が悪用されないように鍵の交換をおすすめします。

 

スマートキーの充電が切れたとき

使っているスマートキーの電池が切れてしまった場合、メインキーを持っていなかったら解錠や施錠ができるか不安ですよね。スマートキーの電池交換はとても簡単で、マイナスドライバーと交換用の電池を用意するだけです。

電池交換の方法は、スマートキー側面にあるメカニカルキー(メインキー、サブキーと呼ばれる場合もある)を抜き、メカニカルキーの刺さっていた場所にマイナスドライバーの先端を差してこじ開けます。メカニカルキーがある場合は、メカニカルキーで開けることができます。

スマートキーを開けると電池があるので、丁寧に外しましょう。無理に電池を外して交換してしまうと、故障の原因になってしまいます。電池の交換が終わりましたら、元に戻して終了です。

スマートキーの取扱説明書がある場合は、取扱説明書通りに交換をおこなってください。また自分での交換がむずかしい場合は、ディーラーに頼るのもひとつの手段です。

 

水に濡れてしまったとき

ほとんどのスマートキーは防水仕様になっていますが、雨などの生活防水用といえます。ポケットにスマートキーを入れたまま衣類を洗濯してしまい、水没してしまう場合もあるでしょう。

水没してしまうと「もう使えないかもしれない」と思ってしまいますが、電池交換で直る場合があります。必ず電池交換すれば使えるというわけではないので、数日乾燥させたり、スペアを作成したり、症状にあった対応をおこないましょう。

 

ただし作りすぎは厳禁です!

スマートキーのスペアの作成はしておいて損はありませんが、作りすぎはよくありません。「備えあれば憂いなし」とはいいますが、スペアキーの数だけコストはかかりますし、紛失して鍵の交換にいたった場合は、作ったスペアが無駄になります。

スペアキーを作成する場合は、必要最低限の数にしておきましょう。

 

まとめ

車を購入した場合、スマートキーは2つ付いている場合がほとんどです。中古車の場合はスマートキーが1つしかない場合もあるので、中古車を購入された方は、鍵を紛失する前にスマートキーのスペア作成がおすすめです。

また、スマートキーを紛失してまった場合、緊急のときは鍵屋、時間に余裕がある場合はディーラーに鍵の作成をするとよいでしょう。スペアキーを作成する際は、多く作りすぎず、計画的におこなってください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (13評価, 平均評価: 3.85 )
読み込み中...

早朝・深夜・旅行先でもどこでもいつでも駆けつけます!

お電話1本でスピード解決!24時間365⽇、日本全国受付中!

現在
最短5分で駆けつけます

通話無料 0800-805-8041

無料相談

  • 最短5分で解錠!調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!
  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!車の鍵お助け隊とは