車のスペアキー作成方法とは?費用やタイミングまで解説

車のスペアキーの作成方法や費用は?紛失したときの対処法も要確認

 

車のトラブルで多いのが鍵まわりです。インロックや鍵の紛失。車の鍵にまつわるトラブルはさまざまありますが、すべて困りものです。そんな事態の解決策が、車のスペアキーを作成することです。スペアキーがあれば、突然のトラブルも恐れることはありません。

 

この記事では車のスペアキーの作成方法や、作成にかかる費用について解説していきます。ほかにも車の鍵を紛失してしまった際の対処方法や、スペアキーを作成するタイミングについてもご紹介します。

「これから車のスペアキーを作成する」予定があるかたは、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

車のスペアキーを作成する方法

車のスペアキーを作成する場所は、主に鍵の扱いがある場所です。車の用品店やホームセンター、鍵屋にディーラーが主なところといえるでしょう。ここでは車のスペアキーを作成する方法について、解説していきます。

 

車の用品店で作成する

タイヤや車の車載品など、幅広く車関連のものを販売する用品店は、車のスペアキーを作るときに真っ先に思い浮かぶ場所かもしれません。リモコンやイモビライザーの付いていないシンプルな鍵であれば、車の用品店でスペアキーを作成することが可能です。

 

ホームセンターで作成する

ご自宅の近くにあるホームセンターにも、車のスペアキーを作成できる場所は多いでしょう。しかし、ホームセンターで作成できるのは、リモコンやイモビライザーなどの機能が付いていない、シンプルな鍵のみになることがほとんどです。

 

鍵屋で作成する

「餅は餅屋」ともいうように、鍵のことは鍵屋の専売特許です。家のスペアキーでお世話になったことがあるかたも多いでしょう。鍵屋には用品店やホームセンターに比べて、知識のある人が多いですが、鍵屋で作成できるのもシンプルな鍵のみが多いです。

 

ディーラーで作成する

車の鍵にリモコンやイモビライザーなどの機能が付いていれば、スペアキーの作成はカーディーラーに依頼することになるでしょう。リモコンやイモビライザーは、専用の機械やチップを鍵に取り付ける必要があるため、ほかのお店では対応が難しいのです。

 

スペアキーの作成時間は、シンプルなもので約30分~45分が目安です。ディーラー対応のリモコン付きやイモビライザー付きの鍵は時間がかかり、ときに数週間以上の期間がかかることもあります。必ず依頼をするときに、作成までの所要時間を確認しましょう。

 

車のスペアキーの作成費用

車のスペアキーの作成費用

 

車のスペアキー作成にかかる費用は、シンプルな機能の付いていないものであれば約350円~500円が目安です。細かい金額は業者によって異なります。

一方で鍵に「キーレスエントリー」「スマートキー」「イモビライザー」など、さまざまな機能が付いている場合は、スペアキー作成の費用も大きく変わります。費用の目安としては約1万~5万円です。

 

これらのスペアキー作成は、ほとんどのケースでディーラーへの依頼が必要です。通常の鍵に加えて追加の機能を付け加えているため、時間もお金もかかると考えると、わかりやすいかもしれません。そもそもスマートキーなどは、鍵自体が付いていないものですし。

 

これらのスペアキー作成代には、鍵の登録費用なども含まれています。時代の進化とともに生まれた最先端の鍵たちは、増やすのにも費用がかかるのです。しかし、その使い勝手のよさはご存じのとおりでしょう。この金額を支払ってでも、作る価値はあるといえます。

 

外国産の車はより高額

シンプルな鍵に次いで、作成費用がかかる便利な機能付きの鍵たち。しかし、さらにその上をいくのが「外車のスペアキー作成費用」です。外車に使われている鍵の材質は「鋼材」が多く、日本の車の鍵よりも固いため、日本では加工が難しいのです。

 

そのため、スペアキーの作成には必ずといってよいほど、ディーラーへの依頼が必要です。ディーラーからもらうスペアキーということはすなわち「純正」です。純正が高いのは万国共通のようですが、こと外車の鍵に関しては日本車の鍵の約10倍ともいわれます。

 

もちろんこれはシンプルな、機能の付いてない鍵についての話です。リモコンやイモビライザーが搭載された高性能の鍵であれば、そのスペアキー作成費用はさらに上がるでしょう。外車のスペアキー作成費用は、日本車よりも高額になることを、覚悟したほうがよいでしょう。

 

車の鍵を紛失したときの対処法

スペアキーを作っておけば、もしもの事態も安心です。しかし、場合によっては手元にスペアキーがない状態で、車の鍵トラブルに遭遇してしまうこともあるでしょう。そのような状況に備えて、車の鍵を紛失した場合の対処法を知っておきましょう。

 

車の鍵の場所がわかっている場合

たとえば車のなかに鍵をいれたまま、「インロック」をしてしまったケースです。すぐ目の前に鍵があるのであれば、必要なのは車のドアを開けること。こちらのケースでは、ロードサービスや鍵屋への依頼が最善策です。

 

現場に出張してもらい、鍵のかかった車のドアを開けてもらいましょう。車の鍵が車内にあれば、そのままエンジンをかけて車を動かして一件落着です。

 

車の鍵の場所がわからない場合

気づかないあいだに、車の鍵を紛失していたケースです。失くした鍵の場所がわからない場合は、車のドアを開けてなおかつ車のエンジンを始動させるために鍵が必要です。つまりこちらのケースでは、新しく鍵を作成する必要があるのです。

 

もちろんスペアキーがあれば、新しく鍵を作成する必要はありません。しかし、手元にスペアキーがない場合は鍵屋、もしくはディーラーへの鍵作成依頼をする必要があります。

 

車の鍵の場所にまったくもって検討がつかない場合は、鍵屋へ相談することが最善策です。まずは鍵屋に相談をして、対応できない種類の鍵の種類であれば、そのときはディーラーに依頼をするのがよいでしょう。

 

スペアキーを作成するタイミング

スペアキーを作成するタイミング

 

スペアキーを作成するタイミング、一番よいのは新しく車を購入したときです。「備えあれば憂いなし」トラブルが発生する前にスペアキーを作っておけば、いざというときにも安心です。購入時にすぐに作成してしまえば、手間に感じることも少ないでしょう。

 

また、もうひとつのタイミングとして、車の鍵紛失をしたタイミングもよいといえます。トラブルに会ってからでは「あとの祭り」では……、と考えてしまうかたもいるかもしれませんが、その発想はむしろ逆です。

 

再発を防ぐためには鍵紛失をした際に、スペアキーを作るのがよいのです。万が一スペアキーを作らずに、同様のトラブルに見舞われてしまっては元も子もありません。スペアキーを作成するタイミングは新車購入時と、鍵紛失時です。覚えておきましょう。

 

スペアキーを作成したら、大切に保管を

スペアキーは「転ばぬ先の杖」ともいえます。出番がない可能性もありますが、そんな状況はむしろ好ましいといえるでしょう。スペアキーは突然のアクシデントのための備えです。必ず大切に保管して、緊急事態にはすぐに使えるようにしておきましょう。

 

まとめ

ここまで車のスペアキー作成について、さまざまな角度から要点をお伝えしてきました。最後に、今回の内容をまとめてみます。

 

・車のスペアキー作成場所は車の用品店や鍵屋、ディーラーなどが主なところ

・スペアキーの作成費用は鍵の種類によって異なる

・車の鍵紛失!緊急事態には適切に対処をすれば怖くない

・スペアキーを作成するタイミングは「新車購入時」と「鍵紛失時」

 

車の鍵トラブルはいつ発生するか、検討もつきません。しかし、発生したら困ることは目に見えています。そんな事態の発生に焦らないためにはスペアキーの作成が一番手軽、かつ効果的な方法です。

 

ぜひ今回の内容を参考に、車のスペアキー作成をおこなってみてください。前もって準備をしておけば安心です。快適なカーライフは入念な準備をすることで、より快適になります。これからスペアキーを作成する人は、まずは鍵屋に相談してみてはいかがでしょうか?

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...

早朝・深夜・旅行先でもどこでもいつでも駆けつけます!

お電話1本でスピード解決!24時間365⽇、日本全国受付中!

現在
最短5分で駆けつけます

通話無料 0800-805-8041

無料相談

  • 最短5分で解錠!調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!
  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!車の鍵お助け隊とは