紛失したスマートキーを探し当てる方法。ぜひ試してみて!

紛失したスマートキーを確実に探し当てる方法。あなたも試してみて!

 

スマートキーが普及している今、スマートキーを使って自動車に乗る人は多いのではないでしょうか。離れたところからや、ドアノブに手を近づけるだけでロックが解除できるため、外出時はとても便利です。

しかし、いざ車に乗ろうとしたら車が開かない!という場合、スマートキーが手元にないかもしれません。誰でも簡単に開けることができるスマートキーを紛失してしまったら、慌ててしまいますよね。

スマートキーを紛失してしまった場合は、慌てずに身の回りの確認から始めてみましょう。鍵を紛失してしまったときの対処法もご紹介します。

 

 

大切な車のスマートキーを紛失してしまった…!どうやって見つけ出す?

鍵をささずに簡単にロックを開けることができるスマートキー。車に近づいたり、ドアノブに手を近づけたりするだけで開くのに、開かなかった場合は紛失している場合があります。

 

一旦冷静になり、ありそうなところをもう一度よく探してみる

スマートキーを紛失してしまった場合は、落ち着いて衣類のポケットやカバンなどの手荷物を確認しましょう。カバンの中身を出して確認する際は、いっぺんに全部出すのではなく、少しずつカバンの中身を出して確認するのが確実です。

落ち着いているつもりでも、しっかり確認できていない場合もあります。不安な場合は一度探したところを、もう一度確認してみるとよいでしょう。

 

その日の記憶を呼び起こし、心当たりがないか探してみる

カバンや衣類のポケットを探しても見つからなかった場合は、自分のとっていた行動を思い出してみてください。自宅の場合は、玄関やリビングに置いていたり、誰かに渡したりしてはいませんか?

外出先であれば立ち寄った場所に置き忘れてしまっている場合があるので、立ち寄った場所に戻ってみましょう。お店であれば忘れ物としてお店側が保管している場合があるので、スタッフに声をかけて確認してみましょう。

確認したときになくても、後から届けられる可能性もあるので、お店に連絡先を伝えておくと、見つかった際に連絡をもらえます。問い合わせた際は、鍵の特徴だけでなく、連絡先も伝えておくといいですよ。

 

スマートキーを外で失くした可能性があるなら、警察に届け出を出そう

スマートキーを外で失くした可能性があるなら、警察に届け出を出そう

 

外出先でスマートキーを紛失したことに気づき、どれだけ探しても見つからない場合は、すぐに警察へ紛失届を出しましょう。紛失届は、どこの交番・警察署でも出すことができます。外出先の場合は最寄りの警察に紛失届を出しましょう。

しかし、交番・警察署が遠い場合は、紛失届の提出が難しいですよね。そんなときは、電話で紛失届を出しましょう。電話でも紛失届を受け付けているため、どこからでも紛失届を出すことできます。

警察では届けられた落とし物を、落とした場所や日付などで検索することができます。紛失してから時間が経っている場合は、警察に届いている可能性があるので、警察に紛失届を出すと同時に、落とし物として届いてないか検索してもらいましょう。

落とし物で確認できなかった場合は、見つかるまで待つことになります。スマートキーに特徴がある場合は、警察に伝えておくと警察側もわかりやすくなるので、しっかりと伝えてください。

スマートキーが発見、届けられた際にいつでも連絡が取れる番号を伝えておきましょう。

 

どうしても見つからない…!そんなときはディーラー or 鍵屋を頼ってみて

スマートキーの紛失届を警察に出したけど、どうしても見つからない場合や、鍵が欲しい場合は、ディーラーや鍵屋さんに鍵の作成を依頼するのがおすすめです。

 

ディーラーに相談する場合

ディーラーでは、鍵の作成が確実におこなえます。また、紛失した鍵が悪用されないように、鍵の交換をすることができるので、盗難に備えておきたい人はディーラーへ依頼するといいでしょう。

ディーラーの場合、鍵の作成には3日~1週間近くまでかかってしまうため、急いで鍵が欲しい場合は、鍵屋さんへの依頼がおすすめです。

 

鍵屋に相談する場合

鍵屋の場合、即日で「鍵部分」の作成ができます。外出先でなくしてしまった場合は、鍵屋が現在地まで駆け付けてくれるので、移動する必要がありません。すぐに対応してくれることもあるでしょう。しかし鍵屋では「鍵」部分のみで、リモコンには対応していない場合があります。

鍵屋に出張依頼する場合、出張費用もかかるため、電話口で料金案内をしてもらうとよいでしょう。鍵屋は鍵の交換をおこなっていない場合が多いので、防犯を強化したい場合は、ディーラーへ依頼することをおすすめします。

 

紛失したスマートキーを作成するのにかかる値段は…!?目安を紹介

紛失したスマートキーを作成するのにかかる値段は…!?目安を紹介

 

スマートキーは、鍵と車の間で固有の情報が紐づけられています。そのためスマートキーの作成は、登録作業などが必要になり通常の鍵作成よりも大幅に料金が高くなります。

物理的な鍵の場合は、安いもので500~1,000円ぐらいの料金です。しかし、スマートキーの作成は安いもので15,000円、高いと50,000円以上の作成費用がかかります。外車になると、10万円を超えてしまう場合もあるそうです。

イモビライザー付きのスマートキーの場合は、より高額になります。業者に鍵の作成を依頼する場合は、概算見積もりをしてもらってからにするのがよいでしょう。

 

もう二度と慌てないために…スペアキーの作成と紛失予防策を!

スマートキーを紛失してしまったときのために、事前にスペアキーを作成しておくことをおすすめします。また、紛失しないための予防方法もご紹介します。

 

スマートキーのスペアキー作成はディーラーに依頼を!

スマートキーのスペアキーを作成する際は、ディーラーに依頼するといいでしょう。ディーラーでは、マスターキーと同じ情報を使用して作成することができ、マスターキーをなくしてしまった場合でもすぐに車を利用することができます。

中古車で購入された人の場合は、ディーラーで作ってもらうことはできないことがあります。ディーラーでスペアキーの作成が厳しい場合は、スマートキーの作成をしている鍵屋に依頼すると、スペアキーを作成することができます。

 

スマートキー紛失予防策

気づかないうちにスマートキーを落としてしまい、戻ったときにはすでになくなっているなんてことは少なくありません。落としてしまっても気づきやすいように、鈴など音が鳴るものを付けておくといいでしょう。

最近では、スマートフォンでなくしてしまったものを見つけることができる「キーファインダー」というキーホルダーがあります。専用アプリを操作してキーホルダーから音を鳴らしたり、鍵の最後の位置をアプリの地図で確認したりできます。

肌身離さず持っておきたいという人は、チェーンやリールタイプのストラップをズボンのベルトループ(ベルトを通す部分)に引っ掛けるのもひとつの予防法といえるでしょう。

 

まとめ

スマートキーを紛失してしまった場合は、落ち着いて手荷物や衣類のポケットの中を探してみることが大事です。身の回りにない場合は立ち寄った施設に戻り、施設のスタッフに鍵の特徴や連絡先を伝えておくと、見つかったときに連絡がもらえます。

どうしても見つからない場合は警察に紛失届を出し、ディーラーか鍵屋に鍵の作成を依頼しましょう。鍵屋では、即日の鍵作成ができることもあります。ディーラーでは、スマートキーの複製や交換をしてもらうと作成に数日かかってしまいますが、確実に作成してもらえます。

スマートキーを紛失しないためにも、目立つものや、音のなるストラップを付けて紛失を防止しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9評価, 平均評価: 2.33 )
読み込み中...

早朝・深夜・旅行先でもどこでもいつでも駆けつけます!

お電話1本でスピード解決!24時間365⽇、日本全国受付中!

現在
最短5分で駆けつけます

通話無料 0800-805-8041

無料相談

  • 最短5分で解錠!調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!
  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!車の鍵お助け隊とは