車の鍵交換の費用はどのくらい?注意点と依頼先の選びかた解説します

車の鍵交換の費用はどのくらい?注意点と依頼先の選びかた解説します

 

車の鍵交換、依頼をする前に作業にかかる費用をしておきたいところでしょう。今回の記事は、そんなあなたのための記事です。いつの間にか紛失したり、不具合が起きたりする車の鍵、そのままの放置は防犯の観点や、故障のリスクから好ましくはないでしょう。

車の鍵交換の費用を知ることで、もしかしたらあなたの背中を押すことができるかもしれません。まず車の鍵を交換する前におこないたい確認リストのご提案から、業者依頼の前に必ずやっておきたいこと、鍵交換の費用をまとめていきます。参考にぜひご覧ください。

 

 

ちょっと待って!交換するまえに確認したいことリスト

「鍵が見当たらないから、鍵交換してしまおう」「鍵の調子が悪いから、業者に相談してみよう」、その一歩、まだ踏み出すには早くありませんか?まずはここで挙げる確認リストに目をとおしてみてはいかがでしょう。業者依頼は、それからでも決して遅くはありません。

 

紛失なら心当たりのある場所を探す

鍵はうっかり落とすもの、紛失でなくても置き忘れやカバンの中で遭難(そうなん)することはありがちです。まずは冷静にひと呼吸、それから直近の行動を振り返ってみましょう。いつもと違う行動、しませんでしたか?なにか変わったことはなかったでしょうか?

 

【電子キー】電池交換してみる

当然、と思う人もいるかもしれませんが、電子キーは電池がなければ動きません。もちろん車の鍵も同様です。電子キーが動かなければ、電池交換をすることで息を吹き返す可能性は大いにあります。自分でも可能ですし、ディーラーに依頼することもできるでしょう。

 

【一般的な鍵】潤滑剤を足してみる

鍵は使用するごとに削れ、劣化を重ねていきます。気付いたときには滑りが悪くなっていることもあるでしょう。そんなときの救世主が“潤滑剤”です。鍵の滑りを滑らかにする潤滑剤を使用することで、鍵の調子が改善することは、意外なことによくあります。

 

スペアキーを使用する

「マスターキーが見当たらない……」、そんなときはひとまずスペアキーを使用してみてはいかがでしょうか?使い勝手は変わるかもしれませんが、ひとまずの使用は可能です。鍵紛失であれば、鍵交換を検討したほうがよいかもしれませんが、緊急的には役立ちます。

鍵交換の費用は、種類によっては高額です。数万円以上かかるケースもあるでしょう。そう考えると、まずは自分でできる対処策を試してみるのが、よいのではないでしょうか?上記のリストを活用して、まずはご自分の状況を振り返ってみてください。

 

業者に依頼する場合の流れ

業者に依頼する場合の流れ

 

「車の鍵交換を業者に依頼したい……」、そんな事態になってしまったら、もはやあなたを止める理由はないでしょう。しかし、鍵交換の費用を節約するためにも、ここは今一度立ち止まることをオススメします。警察に届け出と、自分の鍵の種類は確認しましたか?

紛失が理由であれば、業者に鍵の交換依頼を出す前に、警察に届けを出したほうがよいでしょう。場合によってはすでに交番に届いている可能性もあります。同様に、ショッピングモールなどで鍵の紛失が疑われる場合は、届けを提出するようにしてください。

また、鍵交換を依頼する際に重要なのが鍵の種類です。“イモビライザー”はとくに注意が必要な代物。イモビライザーとは電子キーの照合システムのことで、簡単にいえばその車専用の鍵のことです。イモビライザーは業者によっては対応していないので注意が必要です。

 

車の鍵交換をするときにかかる費用・期間

車の鍵交換の費用は、鍵の種類によって異なることが多いです。シンプルな鍵であれば安く、キーレス機能の付いた電子キーやイモビライザーキーの場合は、高額になります。それらの点を踏まえて、それぞれの鍵の交換費用の目安を参照していきましょう。

 

キーレスタイプ(電子キー)の場合

キーレス機能の付いた、いわゆる電子キー。電子キーの鍵交換費用はおよそ15,000円~30,000円といったところでしょう。シリンダーごと交換する場合は、50,000円~100,000円が相場です。車の車種によっても大きく異なるでしょう。

また、高級車の場合は80,000円~100,000円以上にまでなることもあるようです。電子キーの場合は車側の設定変更も必要になるため、通常の鍵に比べて費用は割高になる傾向があります。鍵作成の期間は、7日~14日くらいかかることが一般的です。

 

一般的な鍵穴の場合

一般的な車の鍵、見た目にギザギザしたものなどが、この部類に入ります。この場合、鍵のみの交換費用は、8,000円~15,000円となることが多いでしょう。シリンダーごとの交換となると10,000円~20,000円ほどといえます。高級車はより高額になる傾向があります。

一般的な構造のギザギザの鍵。とはいえ、中には特殊な構造をしているものも多くあります。そのような種類の鍵の場合、費用が割高になることは否めません。一般的な鍵交換の所要時間は、シリンダーごとの取り換えでおおよそ7日~10日といったところでしょう。

 

車の鍵修理はどこがおすすめ?依頼先の選びかた

車の鍵修理はどこがおすすめ?依頼先の選びかた

 

車の鍵交換の費用は、鍵の修理のほか、作業の依頼先によっても大きく異なります。一般的な鍵交換の依頼先は大きくふたつ。鍵屋か、車のディーラーか、どちらかとなるでしょう。どちらに依頼をするかによって、費用や時間も大きく異なってきます。

 

まずはロードサービスが付随していないか確認を

「鍵交換を依頼しよう」、そうなる前にまたもや一歩を止めてしまい、申し訳ありません。しかし、その判断の前に、まずはロードサービスの確認をおこなったほうがよいでしょう。ロードサービスに加入をしていれば、ひとまずの開錠もおこなってもらえます。

そのあとで、ゆっくりとどちらの業者に依頼をするのか検討しましょう。それぞれの業者のメリット、デメリットは下記でご紹介していきます。

 

1.鍵屋さん

鍵屋さんに依頼をするメリットは、ディーラーに比べて、素早く対応をしてくれることが挙げられます。鍵交換となると、すぐにでも対応してほしいことがほとんどですよね。その点、鍵屋への依頼は安心といえるでしょう。価格的にも比較的安いといえます。

しかし、たとえばイモビライザーキーなど、鍵屋で対応困難な種類の鍵も存在します。種類によっては対応ができない場合があることは、鍵屋に依頼する際のデメリットといえるでしょう。とはいえ、真っ先に依頼を検討したところであることは間違いありません。

 

2.ディーラー

ディーラーへ鍵交換を依頼するメリットは、その圧倒的な安心感でしょう。鍵交換をするにしても、メーカー純正であることは紛れもない安心感を生むでしょう。また、電子照合システムを搭載したイモビライザーは、ディーラーでしか対応できないこともあります。

反面、作業を依頼してから完了するまでに時間を要すことは、ディーラー依頼のデメリットといえます。急を要する場合は、鍵屋への依頼を検討したほうが賢明でしょう。安心感と時間のせめぎあい。ディーラー依頼は、確実な安心感を手にしたいときの検討先です。

 

費用を極限まで減らす!3つの方法

鍵の交換費用、できれば高額にはしたくないところでしょう。そのためには、ここで紹介する情報があなたのお役に立つ可能性は十分にあります。ご紹介しましょう、鍵交換の際に費用を極限まで減らす3つの方法を。ぜひ、参考にしてみてください。

 

鍵穴内部のピン配列を変更してもらう

鍵穴の内部にはピンと呼ばれる配列が設定されています。そのピン配列のみを変更することで、鍵をすべて交換するときよりもかかる費用を節約できます。1ヵ所だけでは不安がありますが、すべてのシリンダーのピン配列を交換すれば、防犯面も安心でしょう。

 

助手席などのシリンダーと交換する

車のドアのシリンダー。このシリンダーは運転席はもちろん、助手席や後部座席にも設置されていますよね。これらのシリンダーは場所を変えることができるのです。そのため、鍵穴の劣化が原因であれば、シリンダーの鍵交換を検討してみるのもよいでしょう。

一方で、この方法は鍵を盗難された場合はあまりオススメできない方法です。あくまで鍵が手元にある状態の、緊急的方法。条件が合うようなら、検討してみてもよいでしょう。

 

エンジンキーだけを交換する

エンジンキーは“イグニッションキー”ともいい、エンジンをかけるときに使用するものです。一般的な車の鍵といえば、エンジンキーといえるでしょう。エンジンキーを新しいものに交換すれば、鍵を2本持ちする必要はありますが、交換費用を抑えることができます。

これらの方法は、鍵を交換する費用を抑えるためのある種“裏技”のようなものです。使用する機会は少ないかもしれませんが、機会があれば業者の人に提案してみるのもよいでしょう。よりよいアイデアを提案してもらえる可能性も、あると思いますよ!

 

まとめ

車の鍵交換は、ひとつの大きなトラブルですよね。その原因がもし紛失であれば、まずは一旦深呼吸、気持ちを落ち着けてから、まずは可能性のある場所を探しましょう。落とした可能性のある場所や、警察に届け出を出すことも忘れずにおこなってください。

鍵交換の費用は、一般的なギザギザの鍵であれば比較的安価といえます。もし電子キーやイモビライザー付きの鍵であれば、費用は少し高額になったり、対応できる業者が限られたりする可能性が高いでしょう。場合によってはディーラーへの依頼も検討するべきです。

最後にご紹介した、裏技的な鍵交換の費用を節約する方法。これらを実践することで、費用を抑えることができるでしょう。とはいえ、場合によっては防犯上危険な面もあります。おこなう際は必ず、交換を依頼する業者へ相談してみてください。

車の鍵がないのは非常に困りますよね。紛失や故障であれば、今すぐにでも新しいものに交換してしまいたいところでしょう。鍵の交換は費用をはじめ依頼をする業者の選びかたなど抑えるべき点がいくつかあります。しっかり検討して最適な方法を選んでくださいね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

早朝・深夜・旅行先でもどこでもいつでも駆けつけます!

お電話1本でスピード解決!24時間365⽇、日本全国受付中!

現在
最短5分で駆けつけます

通話無料 0800-805-8041

無料相談

  • 最短5分で解錠!調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!
  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!車の鍵お助け隊とは